ニュース

3学期 始業式
  • 2019-01-07(月) 16:17
和歌山市や新宮市、岩出市などの公立小・中学校と一部の公立高校では、今日から3学期が始まり、学び舎に子どもたちの元気な声が帰ってきました。
和歌山市梶取の市立野崎西小学校では、397人の全校児童が体育館に集まり、3学期の始業式に臨みました。式では、辻中宏誠校長が「今日から3学期が始まります。皆さんが1年間学んできたことの集大成の学期です。しっかりとした意思を持って3ヶ月を過ごし、来年度に向けての土台作りにして下さい」と児童に呼びかけました。式の後、それぞれのクラスで今年初めてのホームルームが行われました。このうち1年2組では、子供たちが、担任の安藤優夏教諭から冬休みの楽しかった事について聞かれ、クリスマス会や餅つきをした事、初詣に行ったことなど、一斉に手を挙げて発表したほか、手渡されたプリントに「皆勤賞を目指す」、「いつも挨拶」など3学期の目標について書き込んでいました。
県教育委員会によりますと、和歌山市や新宮市、岩出市などの小中学校と一部の県立高校では、今日から授業をスタートさせ、3学期制をとる公立学校のほとんどは、明日、始業式を迎えます。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る