ニュース

宵えびす
  • 2019-01-09(水) 21:06
今年一年の商売繁盛を願う十日恵美須が今日から始まり、「恵美須大神」を祀る県内各地の神社では福を求めて大勢の人が訪れています。
十日えびすは、七福神のひとりで商売の神様とされる「恵美須大神」を祀るえびす神社の祭礼で、江戸時代、商売繁盛を願う大阪の商人たちが今宮戎神社へ参拝したことが、現在の十日えびすの始まりと言われています。岩出市宮の大宮神社でも宵えびすの今日、参拝者が訪れ、商売繁盛や家内安全などを祈願して、縁起物の福笹などを買い求める姿が見られました。大宮神社によりますと、最近は小ぶりな福笹や、熊手がよく売れると言うことです。宮司大宮神社では、3日間でおよそ3万人の参拝者を見込んでいるということです。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る