ニュース

幼稚園で「お茶会」
  • 2019-01-10(木) 18:22
子どもたちに日本古来の和の文化に触れてもらおうと、和歌山市の幼稚園で今日、園児を対象とした新年恒例の「お茶会」が開かれました。
和歌山市道場町のおのみなと幼稚園では、園児にお茶席での作法を学び、ゆったりと静かな雰囲気を感じてもらおうと、毎年この時期に「お茶会」を開いています。今年も園舎のある海善寺の本堂で今日と明日の2日間、お茶会が開かれ、3歳から6歳まで400人あまりの園児が参加します。園児らは本堂の畳の上に敷かれた赤い毛氈の上に並んで正座し、配られたお茶菓子を食べた後、保護者がたてた抹茶をゆっくりと味わいました。
園児らは「苦かったけど美味しかった」などと感想を言いながら、最後は「お茶は誠に結構でした」と挨拶していました。指導に当たった瀧本佐千子教頭は「こうした日本の伝統の文化に触れ子どもたち一人一人に豊かな心が育ってくれれば」と話していました。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る