ニュース

雑木伐採中に下敷きに 男性死亡
  • 2019-01-11(金) 15:40
今日午前、橋本市の雑木林で木の伐採作業中の男性が、倒れた木の下敷きになりその後、死亡しました。
事故があったのは、橋本市西畑の雑木林で、橋本警察署によりますと、今日、午前8時半過ぎ、橋本市内に住む69歳の男性が、チェーンソーを使って雑木を伐採していて、倒れかかってきた木の下敷きになりました。
倒れた木は、高さおよそ10メートル、太さ40センチ程で、男性は、上半身を中心に身体を強く打っていて、意識不明の重体で救急搬送されましたが、およそ2時間後、搬送先の病院で死亡しました。
警察では伐採を依頼した女性や作業を手伝っていた男性3人から、当時の状況について話を聞くなど、事故の原因を調べています。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る