ニュース

演奏会や講演会 高校生のイベント
  • 2019-02-11(月) 18:38
「建国記念の日」で祝日となった今日、演奏会や講演会など高校生を対象にしたイベントが行われました。
和歌山市の県民会館では、高校生バンドによる演奏会が開かれ、県内7つの高校の16組のバンドが日頃の練習の成果を披露しました。演奏会は、部活動で軽音楽を学ぶ高校生のスキルアップを図るとともに、学校間の交流を深めてもらおうと一般財団法人和歌山県文化振興財団などが開いたものです。2年後には、「国民文化祭」と「全国高等学校総合文化祭」が和歌山県で開かれることから、県文化振興財団の中尾久生さんは「大きなステージに立った今日の経験を繋げてほしい」と話していました。
一方、和歌山市北出島の「プラザホープ」では、高校生を対象とした講演会が開かれました。県教育委員会では、平成20年度から様々な分野で活躍するオピニオンリーダーを招き、「高校生のための和歌山未来塾」を開いています。
今日は、京都大学医学部名誉教授の西川伸一さんが、未来の人間研究について講演しました。この中で、西川さんは、生物の遺伝情報であるゲノムの解読などこれからの人間研究の方向性を示しながら「先端の科学活動に参加しワクワクする21世紀に積極的に関わってください」と集まったおよそ200人の高校生に呼びかけました。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る