ニュース

詐欺 電子マネーで835万円被害
  • 2019-02-21(木) 18:49
和歌山市の60代の女性が、800万円分余りの電子マネーを騙し取られる詐欺被害にあっていたことが判りました。
警察は特殊詐欺事件とみて捜査しています。
被害にあったのは和歌山市の60代の女性で、先月22日、女性のスマートフォンに「登録料金の未納」「連絡がなければ法的手続きをとる」などといった内容のメールが届きました。
女性が、メールにあった連絡先に電話をすると、「アマゾンのフルカワ」と名乗る男が出て、15万円分の電子マネーを購入するよう指示、更に、「日本消費者協会」を紹介したといいます。
女性が教えられた連絡先に電話すると、カトウと名乗る男が対応し、「ほかにも未納料金がある」「裁判になれば賠償金を払わなければいけなくなる」などと話したということです。
その後、カトウから数十回連絡があり、女性は、一昨日までおよそ1か月間にわたり訴訟の取り下げ費用などとして、合計835万円分の電子マネーをコンビニで購入し、そのコード番号を教えてしまったという事です。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る