ニュース

県と東京大学が包括連携協定
  • 2019-03-15(金) 15:00
県内産業の発展や地域の活性化などに向け、県と東京大学先端科学技術研究センターが、今日、包括連携協定を締結しました。
今日、県庁知事室で行われた締結式では、国立大学法人東京大学先端科学技術研究センターの神崎亮平所長と仁坂知事が、それぞれ協定書に署名しました。
東京大学先端科学技術研究センターでは、理工系の先端研究から、社会科学やバリアフリーといった未来の社会システムの研究まで、多様な研究を行っています。
この協定は、県内産業の発展や地域の活性化などに向け、県とセンターが連携しようというもので、県内企業との共同研究や和歌山での研究開発プロジェクト、地域の特性を生かしたまちづくり、ICT教育の充実といった教育開発や人材育成などに取り組むとしています。
神崎所長は、旧高野口町、現在の橋本市出身の生物学者で、「ふるさとに少しでも恩返しをしたいという思い。一緒になって、和歌山県に貢献していきたい」と協力を誓いました。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る