ニュース

県立学校長会
  • 2019-04-15(月) 18:29
県立高校と市立高校、県立特別支援学校の校長が一堂に集まる県立学校長会が今日、和歌山市で開かれました。
今日、和歌山市茶屋ノ丁の県自治会館で開かれた県立学校長会には、県立高校をはじめ、和歌山市と海南市の市立高校、それに県立特別支援学校の校長45人が出席しました。県立学校長会は、教育委員会の施策の確認や職務の専門性の向上などを目的に、4月と9月と1月に開かれています。今日は仁坂知事も出席し、「知識に頼りすぎると不測の事態に対応できず、これを補うのは、想像力などの情操です。生徒の人格形成にいい影響を与えられる良き先生であってほしい」と訓示しました。続いて、県教育委員会の宮崎泉教育長が、「教職員や保護者、生徒と接する機会を増やしてください」と呼びかけました。また、前年度相次いだ教職員の不祥事について触れ、「『学校の施設・人・流れを、これだけ理解していれば不祥事はおこらない』という気持ちで臨んで下さい」と指示しました。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る