ニュース

「ねこの京都」岩合光昭写真展
  • 2019-04-26(金) 16:36
ネコを被写体にした作品で人気の動物写真家、岩合光昭さんの写真展が、今日から和歌山市の百貨店で始まりました。
和歌山市友田町の近鉄百貨店和歌山店では、毎年、ゴールデンウィーク期間の特別企画として、動物写真家、岩合光昭さんの写真展を開いています。
動物写真家として地球上のあらゆる地域をフィールドに活躍する岩合さんは、ライフワークとして40年以上ネコの写真を撮り続けています。
5年目となる今回の写真展のテーマは「ねこの京都」で、歴史ある街の風土と日常に溶け込んだ猫の姿を切り取った作品、およそ160点が展示されています。
作品は「春」「夏」「秋」「冬」の四章に分けて展示されていて、赤く紅葉した木に登るネコや置屋で芸者を出迎えるネコなど、岩合さんが1年以上かけて撮影した、四季折々の古都の風景に溶け込んだネコたちの姿が訪れた人を癒してくれます。
「ねこの京都」岩合光昭写真展は、来月7日まで和歌山市友田町の近鉄百貨店和歌山店5階催事場で開かれていて、今月30日には、岩合さん本人が来場し、ギャラリートークとサイン会が予定されています。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る