ニュース

「中晩柑クラフトジュース」試飲会
  • 2019-04-26(金) 16:37
JA和歌山県農が、今年の夏に発売を予定している「中晩柑クラフトジュース」の試飲会が、今日、和歌山市で開かれました。
試飲会は和歌山市美園町の県JAビルで開かれ、JA和歌山県農の関係者らが参加しました。
中晩柑は、1月から5月ごろに収穫される、温州みかん以外の柑橘類の総称です。
JA和歌山県農では、県産の中晩柑のPRを目指し、果汁製品として商品化を企画し、子会社の和歌山ノーキョー食品工業株式会社が製造しました。
和歌山ノーキョー食品工業は、特徴あるストレート果汁製品をコンセプトに掲げ、JA紀の里産の「不知火」やJA紀南産の「三宝柑」など県内産7種類の中晩柑を使って、果肉などパルプ成分を残した、スムージーに近いとろみのある食感が特徴の中晩柑クラフトジュースを完成させました。
試飲会参加者の評価は上々で、和歌山ノーキョー食品工業の柏木章宏社長は、「それぞれに特徴のある県産中晩柑の美味しさを広くPRしていきたい」と話していました。
中晩柑クラフトジュースは今年夏に発売されるということです。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る