ニュース

裁判員制度10周年の意見交換
  • 2019-05-21(火) 17:01
裁判員裁判が始まって10年目を迎えた今日、制度についての意見交換会が和歌山地方裁判所で開かれました。
意見交換会では、裁判官や検察官、弁護士のほか、裁判員の経験者が、制度導入からの10年間を振り返り、変化や課題について意見を出しました。
この中で、検察官や弁護士は、裁判員制度の導入により、裁判の経験がまだ浅い新人職員の前でリハーサルをして意見を求めるようになったことや、分かりやすい立証を工夫するようになったことなどを説明しました。
また、殺人未遂事件などを担当した裁判員の経験者が「素人にも分かるよう、言葉の説明があってよかった」「昔は専門用語の羅列だったが、制度が導入されて分かりやすい裁判になっている。国民の理解は得られていると思う」などと話しました。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る