ニュース

臨時県議会 閉会
  • 2019-05-21(火) 17:02
県議会の臨時議会は、今日、常任委員会と特別委員会の委員が指名された他、県税条例の一部を改正する条例案や、監査委員の選任の同意を求める議案など3つの議案を可決し閉会しました。
今日の県議会では、総務委員会はじめ6つの常任委員会の委員が議長から指名されたのに続き、それぞれの委員長、副委員長が選任されました。
ついで、予算を総合的に審議する予算特別委員会や、災害に関する施策を調査審議する防災国土強靭化対策特別委員会など5つの特別委員会の設置が決められ、委員が指名選任されました。
また、関西広域連合議会議員には自民党県議団の井出益弘議員、岩田弘彦議員、改新クラブの浦口高典議員日本共産党県議団の奥村規子議員の4人が指名され当選しました。
さらに、県監査委員の選任についての同意を図る議案2案と、地方税法の一部改正に伴いふるさと納税に係る特例控除額の控除対象となる寄付金を特例控除対象寄付金に改める条例改正案が委員会付託を省略し原案通り可決されました。
そして、「北朝鮮による拉致被害者の全員の即時帰国を求める意見書」を可決し閉会しました。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る