ニュース

参院選 野党一本化へ
  • 2019-05-22(水) 17:47
今年夏の参議院議員選挙について、和歌山市の弁護士らが共同代表を務める「市民連合わかやま」は、すでに立候補を表明している、無所属で元和歌山弁護士会会長の藤井幹雄氏を全面的に支援することを決めました。
これは、昨日東京で、立憲民主党と国民民主党、共産党、社民党、それに、社会保障を立て直す国民会議の5つの野党と会派が幹事長・書記局長会談を開いて、参議院改選区の1人区の内、和歌山を含む8つの選挙区で候補者を一本化することで合意したことを受けたものです。合意では、和歌山選挙区の候補者を無所属で元和歌山弁護士会会長の藤井幹雄氏としていて、これにより、共産党県委員会は、新人の前久氏の擁立を取り下げる方針を固めました。
野党候補の一本化で参議院和歌山選挙区は、自民党の現職、世耕弘成氏と藤井幹雄氏の一騎打ちの公算が大きくなりました。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る