ニュース

古民家改修ホテル 来月オープン
  • 2019-06-11(火) 18:27
観光振興や地域活性化につなげようと、古民家を改修したホテルが来月、串本町にオープンすることになり、昨日、オープニングセレモニーとメディア向けの内覧会が開かれました。串本町内にオープン予定のホテル、「NIPPONIAHOTEL串本熊野海道」は、築140年以上の古民家をコンセプトホテルとして改修したものです。このホテルは、紀陽銀行と串本町、空き家の再生事業を手がける一般社団法人NOTEの三者が結んだ協定に基づく取り組みの第1弾となり、三者が立ち上げたまちづくり会社を事業主体とし、東京に本社を置き、飲食店などを展開する株式会社subLimeが運営します。明治7年に建てられた築145年の「稲村亭」と築100年の「園部亭」のあわせて3室で来月1日にオープンする予定で、2棟とも、料理やカフェ、お風呂などが楽しめるようになっています。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る