ニュース

一日中小企業庁
  • 2019-06-12(水) 18:24
国の中小企業支援策を紹介するとともに、中小企業の意見を聞く、「一日中小企業庁」が今日、和歌山市のホテルで開かれました。
和歌山県で「一日中小企業庁」が開催されるのは4回目で全国最多で、今日は初めに、世耕弘成経済産業大臣が「中小企業の現場の意見を政策に反映させます」とメッセージビデオで伝えました。この後、仁坂知事と中小企業庁の安藤久佳長官の挨拶に続いて、白浜町にITオフィスを開設している株式会社セールスフォース・ドットコムの伊藤孝専務執行役員が基調講演しました。この中で伊藤さんは、顧客データを統合管理するビジネスモデルの成功例を紹介しながら、「ITの活用は働き方改革にもなる」と説明していました。このほか、伊藤さんと県内の中小企業経営者を交えパネルディスカッションが行われ、顧客や製品、農産品のデータを管理するIoTの事例も紹介されました。
今日はまた会場の一角で、ITやIoT導入相談コーナーも設けられました。ITサービス業の株式会社ウフルやセールスフォース・ドットコムのエンジニアが相談に応じ、ITの導入に関しては、多職種を経営している企業が顧客のデータを統合して新しいニーズを探りたいという相談があったという事です。また、IoTに関しては、漁業関連の施設運営を効率化して、コスト削減と商品の付加価値を高めたいという相談があったそうです。これまではITというと、通信や製造業の分野を思い浮かべましたが、最近は、第一次産業でも「スマート農業」や「スマート漁業」への関心が高まっているようです。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る