ニュース

紀伊田辺駅 新駅舎完成
  • 2019-07-23(火) 18:41
老朽化のため、JR西日本が整備を進めていた紀伊田辺駅の新しい駅舎が完成し、今日から運用が始まりました。新しくなった駅舎は鉄骨平屋建てで、世界遺産「熊野古道」の玄関口にふさわしく大屋根が施されるなど和風のデザインとなっています。駅舎内は上部に格子が設けられているほか、世界的博物学者、南方熊楠や合気道の開祖、植芝盛平など田辺ゆかりの偉人を紹介するパネルをはじめ、熊野古道や市内の案内板が掛けられていて、利用客がゆったりと待合ができよう落ち着いた雰囲気となっています。旧駅舎は昭和7年に建設されて老朽化し、大地震にも備えるため、JR西日本が旧駅舎を取り壊して新駅舎の整備を進めてきました。駅舎の隣には3階建ての事務室ビルがあり、津波避難ビルとしても活用されるなど防災機能をもつ駅となっています。駅舎には近くコンビニも併設されることになっていて、来月7日、完成を祝う式典が行われます。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る