ニュース

きのくに人材Uターンフェア
  • 2019-08-19(月) 19:27
ふるさとでの就職を希望する学生などを対象にした合同企業説明会「きのくに人材Uターンフェア」が、今日、和歌山市で開かれました。
「きのくに人材Uターンフェア」は、県外に進学した学生が、そのまま県外で就職する傾向が続く中、県内の企業や事業所を知る機会を設けることでUターン就職を促進しようと、県や和歌山労働局などで作る実行委員会が、毎年、春と夏を中心に開いているものです。売り手市場を反映して、会場となった和歌山市内のホテルには、県内に本社や事業所などを置く製造業や不動産・建設業、サービス業など、過去最多となる122社がブースを設けました。
今回参加した企業の求人数は合わせて832人で、去年に比べるとおよそ100人も増えているということで、来年の春に卒業を予定している大学生や、一般の求職者らが、複数の企業のブースをめぐって、担当者から熱心に話を聞いていました。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る