ニュース

薬物乱用防止と献血のポスター展
  • 2019-08-21(水) 15:57
薬物の乱用防止と献血の推進をテーマに県内の高校生と中学生が描いた啓発用ポスターの展示会が有田川町で始まりました。
このコンクールは、薬物乱用防止や献血推進についての理解を深めてもらおうと、県内の中学生と高校生からポスター作品を募集しました。
昨年度は2つの部門で、中学生、高校生あわせて668作品の応募があり、今日から有田川町で始まった展示会には入選以上の作品63点が展示されています。
薬物乱用防止啓発ポスターの部では、当時、県立和歌山高校の田村万有さんと、市立箕島中学校の梅本実怜さんの作品が、最優秀賞に選ばれました。
また、献血推進啓発ポスターの部では市立和歌山高校の辻ひなのさんと、県立桐蔭中学校の関真芳さんの作品が最優秀賞に選ばれました。
この作品展は今月28日までの正午から午後5時まで有田川町の地域交流センター「アレック」で開かれ、27日の午後には献血が実施されます。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る