ニュース

熊野水軍埋蔵金探し
  • 2019-08-23(金) 18:40
海水浴客で賑わう白浜町の白良浜で、砂山に埋もれたお宝を掘り出す催し「熊野水軍埋蔵金探し」が今日から始まりました。
白良浜の中央に積み上げられた大きな砂山の周りには、一攫千金を夢見て約3500人が集まり、午前10時、スタートの合図でお宝を求め駆けあがりました。この催しは、その昔、熊野水軍が白良浜にお宝を埋めたという伝説にちなんで、白浜観光協会が平成12年(2000年)から毎年この時期に行っています。参加した若者や家族連れらは、蒸し暑さと闘いながら、砂に埋もれたプラスチックのケースを掘り起こしては歓声をあげていました。今回は10万円相当の金貨やホテルのペア宿泊券、それに電化製品など数多くの品が用意されていて、新宮市から参加の家族連れがみごと金貨を掘り当てました。
「熊野水軍埋蔵金探し」は白良浜海水浴場で今月25日まで行われます。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る