ニュース

アウトドアグッズ活用 災害訓練
  • 2019-10-09(水) 18:28
かつらぎ町の企業とかつらぎ警察署との協定に基づいて、災害を想定した物資搬送訓練が行われました。かつらぎ町の中飯降公園グラウンドで行われた訓練は、大地震の発生で行き場を失いグラウンドに避難した住民が数日間過ごすことを余儀なくされたとの想定で行われました。訓練では、かつらぎ警察署と協定を結んだ企業が運営するアウトドアショップからテントや寝袋、ランプなどの物資が搬入され、テントなどを張ってグラウンドに住民の避難スペースを確保しました。訓練は、アウトドア用品が避難時に居住空間を確保する道具としても活用できるという理解も深まればと実施され、かつらぎ警察署の出納延計署長は参加者に対し、「防災、災害対策は、みんなが力をあわせて地域力を高めることが大切です。もしもに備えて、十分に準備していきましょう」と呼びかけていました。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る