ニュース

和歌山市の公共交通体系考える
  • 2019-11-15(金) 18:16
和歌山市の鉄道やバスなどの公共交通を便利で効率的な体系にしようという研究会が立ち上がり、今日、和歌山大学で初めての会合が開かれました。「シームレスで使いやすい和歌山市公共交通体系の実現に向けた研究会」は、鉄道や路線バス、タクシー、レンタサイクルなどの公共交通を使いやすいシステムとするため連携させ、利用客の増加を目指そうという研究会です。研究会は、和歌山大学経済学部の辻本勝久教授らの呼びかけで立ち上がり、和歌山大学で開かれた今日の初めての会合には、和歌山商工会議所や和歌山社会経済研究所をはじめ、和歌山市内を走る鉄道などの交通機関、行政など12の機関の関係者が出席しました。会合では、和歌山市の公共交通の課題と対応方針が説明され、対応の具体案としてスマートフォンを活用した交通アプリの機能強化や定額制の交通チケットの強化、それに交通拠点の整備などが示されました。研究会では、今後月1回程度、来年3月まで会合を開き、報告書をまとめることにしています。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る