ニュース

高校ラグビー県大会 決勝
  • 2019-11-17(日) 18:48
年末年始に東大阪市花園ラグビー場で行われる、第99回全国高校ラグビーフットボール大会の県大会の決勝戦が今日、紀三井寺公園陸上競技場で行われました。
4年連続で同じ顔合わせとなった近大和歌山と和歌山工業の決勝戦、前半7分、赤と黒のジャージー・近大和歌山が、スクラムから大きく左に展開し、4番岩倉のトライで5点を先制。フィジカルで勝る和工は、前半20分、ゴール下の密集から、14番森本が潜り込んで中央にトライ。コンバージョンも決めて5対7と逆転します。しかし、前半終了間際のロスタイムで、近大和歌山が10番桑原のトライ。コンバージョンも成功させ、前半を12対7とリードして折り返しました。後半もグラウンドを広く使う近大和歌山が再三ゴールを攻め、後半12分、15番の北野が50メートルを独走してトライ。コンバージョンも決まって、19対5と和工を突き放します。終了間際にも近大和歌山が12番藤本のトライなどで7点を追加、結局26対7で3年連続決勝で敗れた和工に雪辱を果たし、5年ぶりの2回目の花園への切符を手にしました。
令和初の全国高校グビー大会は東大阪市花園ラグビー場で12月27日に開幕します。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る