ニュース

浦神地区 ロケット射場の説明会
  • 2019-12-02(月) 18:57
串本町田原地区で、再来年度の運用開始を目指して建設工事が始まった民間ロケット射場について、計画地に隣接する那智勝浦町の浦神地区で住民を対象とした説明会が今日、開かれました。
説明会は和歌山東漁業協同組合浦神支所で開かれ、漁業関係者や地元住民らおよそ70人が集まりました。説明会では、ロケット射場の設置・運営会社「スペースワン」の阿部耕三取締役が住民らに、小型衛星の打ち上げなど事業内容や建設予定地、ロケットの機体などについて説明し、「事業の成功のためには、地元の皆さんの理解と支援が不可欠です」と話しました。また、那智勝浦町の堀順一郎町長が、廃校となった小学校をロケット発射見学場などとして活用する方針を説明し、住民らの賛同を得ました。意見交換では、打ち上げの時間帯や、打ち上げ時の漁船の進入などについて住民が質問していました。
参加した住民らは「ロケットが打ち上げられるところを是非、見てみたい。大勢の観光客が訪れることを期待したい」などと口々に話していました。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る