ニュース

パンダと一緒に交通安全呼びかけ
  • 2019-12-03(火) 18:47
一昨日から始まった「わかやま冬の交通安全運動」に合わせ、白浜町のアドベンチャーワールドでは、地元の保育園児らがジャイアントパンダ「彩浜」と一緒に交通安全を呼びかけました。
「彩浜」が暮らす園内の施設には、白浜警察署が今年8月「ちびっこ交通安全広報隊」として任命した、地元の堅田保育園の園児24人が訪れました。「彩浜」は今年7月、県警から「交通安全和歌山夢大使」に委嘱されています。園児らは「彩浜」をバックに、「飲酒運転は絶対しない、横断歩道は歩行者優先」と元気よく訴え、来館者に反射タスキを手渡しながら交通安全を呼びかけていました。
県警によりますと県内では今年1月から昨日までに交通事故で28人が死亡、また、飲酒運転による人身事故が11月末現在で23件発生しているということです。これから年末年始にかけ交通事故や飲酒運転などの増加が予想されるとして、県警は、取り締まりの強化や啓発活動などを行い、交通安全に努めたいとしています。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る