近大和歌山高校

上富田スポーツセンター

第1試合

新宮

41

和歌山北

14

VS

11:30

19 前半 14
22 後半 0
  • T
  • G
  • PG
  • DG
  •  
  • T
  • G
  • PG
  • DG
  • 3
  • 2
  • 0
  • 0
  • 前半
  • 2
  • 2
  • 0
  • 0
  • 4
  • 1
  • 0
  • 0
  • 後半
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0


前半立ち上がりは新宮が自陣から展開を重ね、優位なフィジカルを活かしてトライを重ねた。前半20分過ぎから、相手のミスを和北がスピードを生かして得点し、差を縮めた。後半は新宮がボールを動かし、フォワードバックスとともによく走り得点を重ねた。和北もうまくキックを使い、エリアの挽回を図ったが新宮の厚いディフェンスに阻まれた。両チームともに自分たちの強みを生かした好ゲームであった。

第2試合

田辺工業

28

星林

0

VS

12:45

21 前半 0
7 後半 0
  • T
  • G
  • PG
  • DG
  •  
  • T
  • G
  • PG
  • DG
  • 3
  • 3
  • 0
  • 0
  • 前半
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 1
  • 1
  • 0
  • 0
  • 後半
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0


前半お互いにゴール直前まで攻め込むがトライできずにいた。しかし、20分田辺工業が相手の反則から先制をする。その後星林の反則が重なり、田辺工業が2トライを加え21対0で田辺工業がリードして前半を終える。後半、両校とも、守りが固く得点がないまま進むが、24分田辺工業がトライ。試合終了間際星林が反撃を試みるがトライに至らず、結果、28対0で田辺工業が勝利した。

上富田スポーツセンター

第1試合

近大和歌山

66

新宮

0

VS

10:30

42 前半 0
24 後半 0
  • T
  • G
  • PG
  • DG
  •  
  • T
  • G
  • PG
  • DG
  • 6
  • 6
  • 0
  • 0
  • 前半
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 3
  • 3
  • 1
  • 0
  • 後半
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0


実力に優る近大和歌山が終始ゲームを支配し、9トライを挙げ圧勝した。新宮も最後まで果敢にタックルをして防御したが近大和歌山のスピード、厚みのある攻撃を防ぎきれなかった。

第2試合

新翔

10

那賀

31

VS

12:00

0 前半 24
10 後半 7
  • T
  • G
  • PG
  • DG
  •  
  • T
  • G
  • PG
  • DG
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 前半
  • 3
  • 3
  • 1
  • 0
  • 2
  • 0
  • 0
  • 0
  • 後半
  • 1
  • 1
  • 0
  • 0


前半終始那賀高校が攻める。相手の反則からトライを重ねる。前半28分那賀がキックオフされたボールを大きくリターンし、3トライ目を取る。そのまま0-24で前半を終える。後半、新翔が疲れの見える那賀高校から2トライを返すが、すぐに那賀高校がトライを返し、そのまま10-31で試合終了した。

第3試合

熊野

38

田辺

7

VS

13:30

19 前半 0
19 後半 7
  • T
  • G
  • PG
  • DG
  •  
  • T
  • G
  • PG
  • DG
  • 3
  • 2
  • 0
  • 0
  • 前半
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 3
  • 2
  • 0
  • 0
  • 後半
  • 1
  • 1
  • 0
  • 0


キックオフ直後、田辺高校がキックをチャージ、熊野陣内でのプレーが続いた。しかし、粘り強いDFと、フィジカルを活かしピンチを脱した熊野がリズムに乗り、前半の主導権を握る。後半も、熊野がDFで前にプレッシャーをかけ、田辺のミスや反則を誘う。田辺も最後の最後までトライを目指し、ATを試みるも、緑の壁に幾度となく阻まれた。ゲーム終了間際、田辺は相手のペナルティーからクイックスタート、FWが執念のトライをもぎ取った。

第4試合

田辺工業

0

和歌山工業

119

VS

15:00

0 前半 64
0 後半 55
  • T
  • G
  • PG
  • DG
  •  
  • T
  • G
  • PG
  • DG
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 前半
  • 10
  • 7
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 後半
  • 9
  • 5
  • 0
  • 0


前半、早い段階で和歌山工業がスコアし、そこから主導権を握り前半を0対64で折り返した。後半も和歌山工業が主導権を握っていたが田辺工業の激しいDFでペナルティを誘った。結果としては0対119で和歌山工業が勝利した。

紀三井寺公園陸上競技場

第1試合

近大和歌山

107

那賀

0

VS

12:35

55 前半 0
52 後半 0
  • T
  • G
  • PG
  • DG
  •  
  • T
  • G
  • PG
  • DG
  • 9
  • 5
  • 0
  • 0
  • 前半
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 8
  • 6
  • 0
  • 0
  • 後半
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0


実力の勝る近大附属がFWBK一体となったスピード勝負で前半9、後半8トライの107点をあげ圧勝した。

第2試合

熊野

7

和歌山工業

40

VS

14:00

0 前半 26
7 後半 14
  • T
  • G
  • PG
  • DG
  •  
  • T
  • G
  • PG
  • DG
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 前半
  • 4
  • 3
  • 0
  • 0
  • 1
  • 1
  • 0
  • 0
  • 後半
  • 2
  • 2
  • 0
  • 0


個々のフィジカルで勝る和工が攻守とも常に前に出て、相手にプレッシャーをかけ続け、ゲームを支配し、前半で勝負をつけた。一方、熊野も果敢にタックルからチャンスを作り、BK攻撃を仕掛けたが、和工の堅い防御に阻まれた。勝った和工はエリアマネジメントがしっかりでき、相手ゴール前に攻め込むと確実にトライをものにした。しかし反則が多いのが決勝に向けての反省となると言える。

紀三井寺公園陸上競技場

決勝戦

近大和歌山

26

和歌山工業

7

VS

14:35

12 前半 7
7 後半 0
  • T
  • G
  • PG
  • DG
  •  
  • T
  • G
  • PG
  • DG
  • 2
  • 1
  • 0
  • 0
  • 前半
  • 1
  • 1
  • 0
  • 0
  • 2
  • 2
  • 0
  • 0
  • 後半
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
TOPへ戻る