アナウンサーブログ

最新のブログ

2020.09.13(日) 22:15

「新しい夏」から「新しい秋」へ

          

選手権和歌山大会に代わる

県独自の夏の高校野球大会は

智辯和歌山の優勝で幕を閉じました。

       

IMG_6710.jpg

     

今年は新型コロナウイルスの

感染拡大防止の観点から

原則として無観客試合で行われました。

             

IMG_6683.jpg         

        

今大会も実況の諸先輩方や

     

DFEEF1AE-7CA9-4D10-965C-5D3C51176306.JPG       

          

バラエティ豊かな解説陣に支えられながら

       

    

IMG_6539.jpg

     

無事に走り切ることができました^^

                  

IMG_6577.jpg       

     

      

 

大会を巡っては

県高野連加盟校の中には勉学に専念するため

出場を見送る方針をとる高校もありましたが

結果として今年も加盟39校が

出場する形となりました。

         

IMG_6736.jpg       

私ですら大会15日目を終え

優勝校と準優勝校が決まり

ホッとしているのですから

県高野連の大会役員の皆様の心中は...

      

 

容易に察することができます、、、

        

IMG_6732.jpg   

            

      

IMG_6749.jpg

またこの夏は

高校野球だけではなくインターハイに代わる

県高校総体も県内各地で開かれました。

       

IMG_6780.jpg     

       

ソフトボール競技では

去年まで県予選6連覇していた笠田が

今年も優勝を収めていました。

              

IMG_6788.jpg

        

笠田高校ソフトボール部の永山奈々美キャプテンは

「インターハイがなくなり、

気持ちが切れそうになった選手もいましたが

みんなと最後にソフトボールがプレーできたこと、

そして、こうして大会を開いてくださった関係者に

感謝しています」と

複雑な胸の内を吐露してくれました。

    

取材帰りの車中でも     

独自大会で優勝しても涙に暮れる

笠田高校ソフトボール部の姿を

忘れることができず、

「この涙は今年で最後にしてもらいたい」

と切に願いました。

     

IMG_6781.jpg   

     

      

色んな感情が錯綜した

「新しい夏」が終わり、

「次の夏」に向けて

      

   IMG_7006.jpg

      

     

IMG_7023.jpg   

   

県高校野球では新人戦や県一次予選といった

「新しい秋」が始まっています。

     

IMG_7216.jpg     

      

IMG_7154.jpg

     

新型コロナウイルス感染症が収束し

選手たちが全国の猛者たちと

実力を競い合うのはいつになるのか...

     

     

IMG_7295.jpgのサムネイル画像   

     

    

    

     

一日も早く各競技の県代表が快く

全国大会に迎える日が来ることを

強く深く祈念したいと思います

          

【 9月は障害者雇用支援月間です! 】

        

岩﨑は記者業を兼務しながら

6wakaや県議会だより

(やTONPEIの探せ!うた自慢!)などに

出演しています(^^)

     

IMG_7332.jpg

     

IMG_6887.jpg     

         

IMG_7330.jpg     

     

IMG_6880 (1).jpg

     

   

今月17日には6waka内の特集で

「9月は障害者雇用支援月間」と題して

県内企業の取り組みを紹介します。

           

県内の民間企業では

障害者雇用への取り組みは進んでいて

国が定める法定雇用率を達成している県内企業は

かなり高い水準をマークしているといいます。

           

今回は和歌山市の菱岡工業株式会社を取材。

菱岡工業が抱えた障害者雇用の葛藤と展開とは...

17日の特集でインタビューを交えて

詳しくお伝えします!

       

IMG_7327.jpg           

        

お見逃しのないやう...!

      

            

     

IMG_6909.jpg

          

IMG_6913.jpg     

      

     

write:

2020.08.26(水) 14:38

紀州在来紫蘇を取材して

sato2005.jpg

sato2004.jpg

sato2003.jpg

シソは交雑しやすい植物として知られ、

もともとの遺伝子を残そうとする場合、隔離された場所での管理栽培を行わないといけないとされています。

 

まだ知らない和歌山の何かを探していた時に

「約1200年前に薬用として中国から高野山に伝わった赤紫蘇が

今なお、残っている...」

という話題が引っかかってきました。

 

近年、中国産の安価な赤紫蘇に押され、1200年もの間、守り伝えられてきたこのシソが姿を消そうとしています。

 

これに危機感を覚えた近畿大学生物理工学部の堀端章准教授は、このシソが世の中に必要とされる存在になれば後世に残していけると考えました。

 

堀端先生は、独特な柑橘系の香り成分ををいかして開発したお茶をはじめ、石鹸を作るなどの試行錯誤を重ね、

今は粉末のサプリメントなどを開発中だということです。

 

このシソ、紀州在来紫蘇のお茶を飲んでみると、さわやかなシソの香りが漂う紅茶のような味わいがしました。

続いて、紀州を中心に伝わる茶粥として食べてみると、ほのかにシソの香りが漂うさっぱりとした和風なお粥を味わうことができました。

 

同じ味、同じ香りなのに、飲む時はハーブティーだと思い、

食べる時はお茶だと思う...

自分が主でなく、シソが主となるような初めての経験でした。

 

放送でもお伝えしたように、1200年もの間、守り伝えられてきた紀州在来紫蘇で伝統食の茶粥をいただくという贅沢な食事でしたが、昔は薬用として扱われていたため、このシソで茶粥を楽しむことはなかったのかもしれません。

 

紀州在来紫のことを多くの人が知り、紀州在来紫蘇が多くの人に必要とされますように・・・

 sato2006.jpg

write:

2020.07.22(水) 18:59

球音響く紀三井寺

       

梅雨もまだまだあけませんが

みなさんはいかがお過ごしでしょうか

       

岩﨑も5月、6月は

スタジオ出演に中継に東奔西走しておりました。

      

IMG_6057.jpg

      

   

IMG_6037.jpg     

          

IMG_1446.jpg    

      

そして今月18日に

「2020夏高校野球和歌山大会」が開幕し

夏の紀三井寺公園野球場にも

球音が戻ってまいりました^^

          

     

 IMG_6483.jpg 

       

IMG_6497.JPG       

      

   

今年は新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために

原則として無観客で試合が行われていますが、

        

26733CC3-B6A5-4E8E-8A3D-4881D74F186E.JPG   

           

選手たちは開催されることへの感謝を胸に

これまでの練習の成果を披露しようと

連日懸命にプレーしています^^

     

9B0241EE-208B-473D-A9EF-6D6762ABA29C.JPG

              

          

高校野球中継は引き続きテレビ和歌山で

      

IMG_6494.JPG

     

           

IMG_6480.jpg      

      

そして熱戦の模様を収録したDVDも

是非是非よろしくお願いします!

     

C34F623D-4C42-4594-BA32-2C15853FCE3E.JPG    

         

今年は全国高校総体や

関西吹奏楽コンクールも中止となりましたが、

県内では独自の代替大会も開かれますし

来年は和歌山で全国高校総合文化祭も

初開催ということで

8月以降テレビ和歌山や6wakaイブニングでも

どんどん取材していきます^^ 

情報お寄せくださいね!

              

   061A28A8-864E-455C-8732-E03BE92EB0BD.JPG

       

 

新型コロナウイルスも感染拡大が続いていますが

みなさんも息が詰まらないよう、

安全な外出で週末や長期休暇をお過ごしください!

        

       

IMG_6131.jpg

橋杭岩(串本町)

       

IMG_6138.jpg 

お蛇浦海岸(那智勝浦町)

   

IMG_6204.jpg        

            

IMG_6237.jpg

那智の滝(那智勝浦町)

          

         

IMG_6223.jpg

熊野那智大社(那智勝浦町)

       

     

    

IMG_6228.jpg

青岸渡寺(那智勝浦町)

       

          

IMG_6519.jpg

write:

2020.07.15(水) 18:01

インスタ映え!?

みなさんこんにちは!

和歌山市雑賀崎に先月オープンした「Gatto blu」に

取材に行ってきました。

「Gatto blu」とはイタリア語で「青い猫」という意味。

イタリアでは「青い猫」は「幸せを運ぶ」と言われているそうなんです。

雑賀崎と言えば"日本のアマルフィ"と呼ばれていますよね!

「Gatto blu」は空き家を改装して建設された施設なので

古民家風を残しつつ、本場イタリア・アマルフィを感じられる素敵な場所でした。

おしゃれな雰囲気なので私もインスタ映えする写真を撮ろう!と、撮影開始!

gattoblu3.jpeg

こちらは、レモンガーデン!

いい写真を撮ろうと頑張っていたら30枚ほど撮っていました!!

インスタ映えって難しいですね........

gattoblu2.jpeg

いい写真が撮れていたのでしょうか「グッドサイン」!!

「レモンガーデン」のほかにもカラフルな壁やアマルフィ産のタイルなど

写真映えするスポットがたくさんです。

gattoblu1.jpeg

インスタ映えまでの道は遠い.............

これからたくさん修行します!!

「Gatto blu」はインスタ映えするスポットはもちろんカフェや雑賀崎の歴史を伝える資料館、プロジェクションマッピングなんかもある素敵な場所でした。

当たり前すぎて最近行ってなかったな~なんてスポット皆さんあるのではないでしょうか?

この時期だからこそ、改めて地元の魅力を発見するのもいいかもしれませんね!

write:

2020.07.01(水) 14:29

和歌山むきのマスク

sato2002.jpg

こんにちは。

相も変わらず、マスク作りにいそしむ休日。

番組内の海と日本プロジェクトのコーナーで、

藤田貴子さんプロデュースの紀州手ぬぐいを使って

太刀魚のマスクを作ってから、

毛羽立ちにくいような気がして、ガーゼよりも手ぬぐい派になってしまいました。

 

まずは御馴染、太刀魚の手ぬぐいで立体型のマスクも作ってみました。

もう一つは和歌山むきの柄が可愛いみかんの手ぬぐいマスクです。

大きな柄物は初めてだったので、右と左のデザインがアンバランスになってしまいました。

布がもったいないので、端から使用していくと、こういうことになるんですね。

 

和歌山むき、贅沢なみかんの食べ方です。

皮をむくというよりは、みかんを皮ごと4つに割り、

房も4分の1に割ったまま、固まりで食べる・・・

 

先輩は「龍神ゆず」の手ぬぐいでもマスクを作っていました。

さわやかな色合いがステキです。

 

write:

カレンダー
アナウンサー
山田 みゆき

明るく優しい気持ちを忘れずに…をモットーにマイペースに過ごしています。

佐藤 瑞穂

クールビューティーと言われたことがあり、かなり嬉しかったのですが、実は極度の恥ずかしがり屋です。これからも頑張ります!

中村 隆之

面倒くさいこと、面倒くさい人は苦手です^_^;

岩﨑 悠真

“向き不向きより前向きに。”新人らしく、伝え手の道を猛進します!

安藤 万結

私のモットーは、「If you can dream it, you can do it.(夢見ることができるなら、それは叶えられる) 」というウォルト・ディズニーの言葉です。和歌山という素敵なところで、夢であったアナウンサーのスタートラインに立つことができました。全力で頑張りますので、どうぞよろしくお願いします!

TOPへ戻る