アナウンサーブログ

2015.04.14(火) 10:22

日限浄土寺の春の万灯会

sato1505.JPG

遅くなりましたが、先週水曜日の8日に中継Dとして伺った、海南市のおひぎりさんこと日限浄土寺の万灯会の様子をアップさせていただきます。 

 

三浦さんのリポートでもお伝えしましたが、今年で8回目となった浄土寺の万灯会は、激しい怒りを表す火の道と冷たい嫉妬などの怒りを表す水の道の間の細い道を通ると、花々が咲き乱れる極楽浄土にたどりつけるというイメージにロウソクが並べられていました。 

 

瓶の中に赤々と燃えるロウソクの炎が見える火の川、荒れ狂い、襲いかかるような水を表現した波模様となっている水の川。そして、彩色した紙で作られ、折りたたんで来年も使えるように工夫された大きな花々。 

膨らませた風船に紙を貼り付けて乾かし、作ったという丸い入れ物もありました。 

 

日限浄土寺には、あの「稲むらの火」のモデルとして知られている濱口梧稜の遠縁にあたる実業家をはじめとした地元の人々の協力で建てられた建物、大書院があります。 

 

40年もの間、締め切られ、崩れかけていた大書院を角住職自ら修繕し、去年からは時々、週末カフェも開いているそうです。高台にある大書院からは海南市街が一望でき、三浦さんが走っていく電車を楽しそうに見送っていたのが印象的でした。 

 

角住職は、大きな災害が発生した時などは高台にある大書院が避難所となることを知ってほしいとおっしゃっていました。次回は7月24日に夏の万灯会も開催するそうですので、行ってみてください。

 

write:

カレンダー
アナウンサー
山田 みゆき

明るく優しい気持ちを忘れずに…をモットーにマイペースに過ごしています。

佐藤 瑞穂

クールビューティーと言われたことがあり、かなり嬉しかったのですが、実は極度の恥ずかしがり屋です。これからも頑張ります!

中村 隆之

面倒くさいこと、面倒くさい人は苦手です^_^;

岩﨑 悠真

“向き不向きより前向きに。”新人らしく、伝え手の道を猛進します!

安藤 万結

私のモットーは、「If you can dream it, you can do it.(夢見ることができるなら、それは叶えられる) 」というウォルト・ディズニーの言葉です。和歌山という素敵なところで、夢であったアナウンサーのスタートラインに立つことができました。全力で頑張りますので、どうぞよろしくお願いします!

TOPへ戻る