アナウンサーブログ

2022.01.05(水) 18:27

「若の神」に興奮

あけましておめでとうございます!

本年も宜しくお願い致します!!

                             

oreioireoioidsidsddspoidsds.jpg

(テレ和歌の本社玄関です)

                                               
本年も、というか

3年近くブログから遠ざかっていました(-.-)

一念発起、投稿していきますよ♪

                                            

reiuouoifisdidsidsidisoidsdisu.jpg

                                            

私が月曜を担当している

「6wakaイブニング」も

引き続き、宜しくお願いします。

                                         

rehooedsidsipdspdpspdosdsds.jpg

                                    

さて、本題へ。

年明けから興奮する出来事が。

                                               

1月2日、箱根駅伝で

海南市出身、青山学院大学1年の若林宏樹選手が活躍。

往路優勝、そして

翌3日にかけての総合優勝に大きく貢献しました。

                                             

「山の神」ならぬ、

チームスタッフの発言をヒントに原監督が命名した

「若の神」という呼び名。

スポーツ紙に見出しが躍りました。

                                      
若林選手は小中時代から

和歌山県内では光る存在でした。

                                    

小学5年から中学3年まで

和歌山県市町村対抗ジュニア駅伝競走大会に

5年連続の出場。

                                         

uruoeofoifoidsoidoidosidsds.png

                                            

中3時にはエース区間の第1区で1位となり、

その驚異的なタイムは今も大会記録として残っています。

                                               

giueiureiuodsoisdoioidsoidsoidsd.png

                                              

ジュニア駅伝で

長年、海南市チームを率いる川村栄司監督に

当時の若林選手についてたずねると・・

                                            

「身体というよりは'走力'があった。

レベルの高い選手が多い中、中学1年から

(海南市チームの中学区間の)レギュラー。

上りが得意でしたね。走る形もそうでした。

一昨年の夏に会った際、

(大学進学後は)箱根駅伝で山を上れたらいいなと

話をしていたんですよ。」

とおっしゃっていました。

                                          

iugerfduodofssidosidooidsds.png

(若林選手は後列右から2人目)

                                           

4年前、第17回ジュニア駅伝で優勝した時の

海南市チームの集合写真。

若林選手はチームの絶対的エースでありながら

控え目な感じが印象的でした。

                                         

ここ数日のテレビインタビューで見る

はにかんだ表情を見ると

当時と変わらないような気もしますが、

今後、走りで

「若の神」がどう進化していくか

楽しみで仕方ありません(^^)   nacker

write:

カレンダー
アナウンサー
山田 みゆき

明るく優しい気持ちを忘れずに…をモットーにマイペースに過ごしています。

佐藤 瑞穂

クールビューティーと言われたことがあり、かなり嬉しかったのですが、実は極度の恥ずかしがり屋です。これからも頑張ります!

中村 隆之

面倒くさいこと、面倒くさい人は苦手です^_^;

岩﨑 悠真

“向き不向きより前向きに。”新人らしく、伝え手の道を猛進します!

安藤 万結

私のモットーは、「If you can dream it, you can do it.(夢見ることができるなら、それは叶えられる) 」というウォルト・ディズニーの言葉です。和歌山という素敵なところで、夢であったアナウンサーのスタートラインに立つことができました。全力で頑張りますので、どうぞよろしくお願いします!