アナウンサーブログ

中村隆之

2022.03.25(金) 09:18

「和歌浦ブロードウェイ」開演に向け

こんにちは^^

先日、部屋の掃除&整理をしていたら・・

30年前の写真が2枚出てきました。

                                               

20220325091932.jpg

                                      

こちらがその1枚目。

中学3年生の学年末に

当時の3歳上の先輩方の高校卒業記念と

当時の2歳上の先輩方の部活引退記念を兼ねた

追い出し公演を行った際の集合写真です。

(赤茶色のスウェットを着て、帽子を被っているのが私)

                                                   

中高一貫校に通っていましたが、

実は、中3の途中から高校にかけて

演劇部に属していました。

部自体(特に公演前なんか)は真剣でしたが、

私個人は不純な動機^^;で入部したし

演技の追求なんて真面目にしたことがありませんでした。

(当時の同級生や先輩後輩の皆さん、ごめんなさい)

                                                          

20220325093451.jpg

                                                          

ちなみに、写真のもう1枚は

ここで出す必要はなかったのかもしれまんが

これです(笑) いやぁ、恥ずかしい(笑×2)

                                         

で、、、前置きが長すぎましたが、

今回は"劇"についての話題です。

                                         

20220325101136.jpg

                                                          

3月15日の6wakaイブニングの

特集コーナー(イブニングアイ)の

取材、編集等を担当しました。

                                                                

和歌山市の和歌浦で

毎週金曜夜にエンターテインメントショーを開こうと

準備を進めている男性がいるという話題。

                                                             

20220325104554.jpg

                                    

「和歌浦ブロードウェイ」という

演劇に音楽やダンスなども組み合わせたショー。

                                                       

20220325112648.jpg

                                                         

スタジオに

企画・プロデュースを行う本村博之さんをお招きし、

目的や稽古の状況、

ショーを通じて和歌浦を盛り上げていきたいという

思いなどを伺いました。

                                              

20220325112803.jpg

                                                

また、特集の中では

「和歌浦ブロードウェイ」の公演が行われる予定の

和歌浦芸術区についても少し触れました。

                                                      

20220325114229.jpg

                                  

20220325112839.jpg

                                            

20220325114330.jpg                                                              

元は高級料亭でしたが、

廣瀬茂之さんが長い年月をかけて改装。

芸術作品の展示やカフェバー、

そして最大で80席ほどのシアターホールなどを備える

アートの発信拠点として、

2019年12月にオープンしました。

                                    

将来、和歌浦地区がアートエリアになっていけばと

強い思いを持つ(和歌浦芸術区総支配人の)廣瀬さんと、

ショーを実施することで地域が盛り上がればと

壮大な夢を描く本村さんの考えが合致し、

「和歌浦ブロードウェイ」開演に向けて

動き出したわけです。

                                             

20220325112909.jpg

                                        

新型コロナウイルスの感染状況などを理由に

Zoomを活用したオンライン稽古になったりと

大変な面はあるようですが、

本村さんによれば

5月中の開演を目指しているということです。

                            

かつて

ほんのちょっっっっとだけですが

演劇にかじった者として

「和歌浦ブロードウェイ」

すごく楽しみにしていますよ!!    nacker

write:

2022.02.08(火) 14:34

歌とダンスでお菓子のまちを盛り上げて

こんにちは。

2月7日の6wakaイブニングでは、

一般社団法人 海南市観光協会のお菓子部会が

オリジナルのテーマ曲を制作し

そのミュージックビデオをこのほど撮影した話題を

お送りしました。

                                                                      

otoooreoiieooiedoidpodfpoddsds.jpeg

                                                                 

troroireooreorererereffdfdfd.jpeg

                                                                 

海南市を「お菓子のまち」としてPRしようという活動の一環で

テーマ曲〈しあわせの味〉と〈おかしのおとぎばなし〉を含む

全8曲を収録したCDが昨年完成。

                                                           

その後、子ども世代にも親しんでもらおうと

ミュージックビデオを制作することになり、

市内の魅力あるロケ地にて

先週末、ダンスシーンが撮影されたのです。

                                                

fyuytyyuyiuiuooioioioi.jpg

                                                     

その模様をZoom出演で報告してくれたのが

海南市観光協会 お菓子部会のリーダーである野田智也さん。

                                                          

彼は中学高校時代の同級生(友達)なので、

オンエアでは'野田さん'と呼びかけましたが

なんだか堅苦しいので、ここでは

日ごろ呼んでいる'野田ちゃん'とさせていただきます。

野田ちゃんがアフロ姿で出てきたのにはビックリしましたが

これには理由があって・・・

                                                

今回、ミュージックビデオの曲の振り付けを担当したのが

あのダンサー・振付師のパパイヤ鈴木さんで、

海南市が鈴木姓の発祥の地とされていることから

鈴木つながりで

パパイヤ鈴木さんに依頼したところ、

引き受けてくださったとのこと。

                                                          

ダンスのテーマとして、パパイヤ鈴木さんからは

【元気に!楽しく!力強く!

 体を大きく動かしてください。

 ダンスを覚えたら歌も覚えてみて。

 歌いながら踊ると、より一層楽しくなりますよ】

コメントをいただいたそうです。

                                                 

それを体現したかったんでしょうね、、、

野田ちゃんがアフロかつらを装着しながら

力説していましたが、

スキージャンプのオリンピック選手並みの

見事な滑りっぷりでした ´ω`

                                                

yftyyutuyiyiuiihuiiuo.jpg

                                                              

リモートではありましたが

生番組でかつての同級生と楽しく放送できたのは

良い思い出になりました。

                                       

野田ちゃんには

もっともっと「お菓子のまち」を

盛り上げていってもらいたいと思っています。   nacker

write:

2022.01.05(水) 18:27

「若の神」に興奮

あけましておめでとうございます!

本年も宜しくお願い致します!!

                             

oreioireoioidsidsddspoidsds.jpg

(テレ和歌の本社玄関です)

                                               
本年も、というか

3年近くブログから遠ざかっていました(-.-)

一念発起、投稿していきますよ♪

                                            

reiuouoifisdidsidsidisoidsdisu.jpg

                                            

私が月曜を担当している

「6wakaイブニング」も

引き続き、宜しくお願いします。

                                         

rehooedsidsipdspdpspdosdsds.jpg

                                    

さて、本題へ。

年明けから興奮する出来事が。

                                               

1月2日、箱根駅伝で

海南市出身、青山学院大学1年の若林宏樹選手が活躍。

往路優勝、そして

翌3日にかけての総合優勝に大きく貢献しました。

                                             

「山の神」ならぬ、

チームスタッフの発言をヒントに原監督が命名した

「若の神」という呼び名。

スポーツ紙に見出しが躍りました。

                                      
若林選手は小中時代から

和歌山県内では光る存在でした。

                                    

小学5年から中学3年まで

和歌山県市町村対抗ジュニア駅伝競走大会に

5年連続の出場。

                                         

uruoeofoifoidsoidoidosidsds.png

                                            

中3時にはエース区間の第1区で1位となり、

その驚異的なタイムは今も大会記録として残っています。

                                               

giueiureiuodsoisdoioidsoidsoidsd.png

                                              

ジュニア駅伝で

長年、海南市チームを率いる川村栄司監督に

当時の若林選手についてたずねると・・

                                            

「身体というよりは'走力'があった。

レベルの高い選手が多い中、中学1年から

(海南市チームの中学区間の)レギュラー。

上りが得意でしたね。走る形もそうでした。

一昨年の夏に会った際、

(大学進学後は)箱根駅伝で山を上れたらいいなと

話をしていたんですよ。」

とおっしゃっていました。

                                          

iugerfduodofssidosidooidsds.png

(若林選手は後列右から2人目)

                                           

4年前、第17回ジュニア駅伝で優勝した時の

海南市チームの集合写真。

若林選手はチームの絶対的エースでありながら

控え目な感じが印象的でした。

                                         

ここ数日のテレビインタビューで見る

はにかんだ表情を見ると

当時と変わらないような気もしますが、

今後、走りで

「若の神」がどう進化していくか

楽しみで仕方ありません(^^)   nacker

write:

2019.04.13(土) 15:42

期待したい同世代監督

こんにちは。ご無沙汰しています♪

ずっと怠けていましたが(-.-)

気持ちを改め、ブログ投稿に励むことを

ここに誓います!

                                                  

さて、私が関連する話題といえば・・・

やはり高校野球⚾ですよね。

                                               

和歌山県内では

今日から春の公式戦が始まりました。

                                                          

紀三井寺公園野球場の開幕試合では、

星林が昨秋県4位の田辺を3対0で下し、

1回戦を突破しました。

                                                               

oerjgtrtgfdkjfedkef.jpg

                                                                

星林で采配を揮うのは、

5年間つとめた耐久から今春転任した

宮下隼一監督。

南部や新翔でも監督経験があります。

                                                       

星林は昨年の新人戦以降、この春まで

別デザインのユニフォームに変更していましたが、

1994年度OBである宮下監督の就任もあって、

再びお馴染みのユニフォームに戻りました。

                                                    

ryuyrueofdofdofdodfdf.jpg

                                                                 

試合は1回裏のピンチを凌いだ後、

先発の2年生西本投手が、

2回表と4回表に自ら2打席連続適時打。

投打に活躍し、公式戦初完投を完封で飾りました。

                                                            

ewyuerudsjidfofdodfdf.jpg

                                                      

試合中最も大声を上げていた宮下監督は

「南部の監督の頃からベンチでは

選手と一緒になって声を出してますよ。

初回は大きかった。守り切れるか取られるかで

(勝敗の行方が)決まりますからね、

うちみたいな力のないチームは。」

                                                                

erouguitireioererfd.jpg

                                                               

最近は

見た目がスマートな指導者も増えてきましたが、

厳つさが魅力の宮下監督。

                                                    

あれだけ試合中に声を張っていたのに、

試合後の受け答えの声も野太く、

全然枯れていませんでした(^^;

                                                

「(これから)やることたくさん!!」

と言い残して球場を後にしました。

                                                

監督、同世代として期待していますよ^^    nacker

write:

2018.09.11(火) 20:40

100回大会に関われて

こんにちは。

大変ご無沙汰しています(>_<)

                                      

節目の第100回となる

全国高校野球選手権記念大会が終わりましたね。

                                                         

私は、春から

特別番組

「TVが魅せた! 野球王国 和歌山の歴史」の

制作に関わっていました。

                                          

ojkejkfdskdjfdiojfdodfoidfodfodfodfodfdoodfdodfdffdfddffdfdf.jpg

                                               

ナビゲーターとしても出演。

紀三井寺公園野球場のマウンドに

初めて立ちましたが、

観客に見られているわけでもないのに

感激か、それとも緊張か、少し震えました。

(本当です)

                                               

たくさんの方々に

ご出演、ご協力をいただきました。

                                                    

eofdvjkiuviujdveijkvdiojkdhuviidvdjdojojdvkod.jpg

                                           

〈上段左から〉

寺前 剛さん(南部高校OB)、

井上紘一さん(市立和歌山商業高校OB)、

清水昭秀さん(智辯学園和歌山高校OB)、

〈下段左から〉

撮影場所として使用したテレビ和歌山 大阪支社、

上村真弘さん(田辺商業高校OB)です。

                                                    

kekiuerkdfuhdjfoidfiufdiufdiudfuidfsiudfiudfiuiufd.jpg

                                             

和歌山市本町の「フォルテワジマ」3階にある

【わかやまスポーツ伝承館】での収録では、

フリーアナウンサーの西澤 暲さんが

甲子園春夏連覇を果たした箕島高校OBの

上野山善久さん、

石井 毅さん(現姓名 木村竹志さん)、

北野敏史さんに、

当時のエピソードなどを聞きました。

                                                          

jkefwuidfiudiovdeiodvoijovdoivoidiodfiodfidvpidfdfjowiods.jpg

                                         

番組のナレーションは、

タレント、声優、ナレーターとして活躍されている

桜井ういよさんに担当していただきました。

素敵なお声でした(^^)

                                       

大阪市北区にあるスタジオで収録しましたが、

近くにある関西テレビさんの社屋、

大きかったなぁ~(笑)

                                  

皆さん、ありがとうございました!

                                                   

ovfdjfkjfdkjifdkfdjodfodfodfodvodkolfdlkdfldodoidodfiodfoidfoidoif.jpg

                                  

6月23日、和歌山県民文化会館大ホールでは

和歌山大会の組み合わせ抽選会に先がけて

和歌山市出身、星林高校ОBの元プロ野球選手で

日本代表監督も務めた

小久保裕紀さんの特別講演会が開かれました。

その際、舞台上で進行を担当させていただき、

良き思い出となりました。

                                                         

ioeiofdpepocdjiopdpdpdspodcjiodsposdopsdpsdposposposd.jpg

                                                                  

和歌山大会期間中、

大会13日目第1試合では

智辯和歌山OBでセンバツ初V時の主将だった

中本 拓氏が始球式を行いました。

                                                 

ちなみに、クラスは違いましたが、

私は同級生だったんですよ。

始球式の後、記念に2ショット写真を撮りました♪

                                                    

当時の中本選手は

高1夏の初戦で4番デビューし、

いきなり紀三井寺で、どでかい一発!

敗れた高3夏の高野山戦でも

最終回に意地の場外ソロHR。

「ホームランで始まり、ホームランで終わった」と

高校時代を懐かしそうに振り返っていました(^.^)

                                         

さて、夏の和歌山大会に関しては、今年で

開会式の中継を10年連続、

決勝の中継を5年連続で担当したことになります。

ここ5年間の決勝は接戦続きで、

1点差が3回、2点差が2回。

                                  

vdlkjiofofijdof jojf dojifoijffioijfiofiofiofiof.jpg

                     

〈リポーターの余田幸子さん、志賀 萌さんに

写真を提供してもらいました〉

                                                       

数々の熱戦・・

和歌山の高校球児の皆さん、ありがとう。

                     

ojvekiufdiodssidiojsdoidsivdsioeiodskodssd.jpg

                                                                                                         

oejkdoifiouififsiufdsiufdsiufduifdsiofdoifdoifdiofdsiofdfd.jpg

                                             

阪神甲子園球場での

選手権大会の開会式や

和歌山代表・智辯和歌山の1回戦も取材しました。

                                             

ovejfofdssfdksfdoisfdoidfioppdfpodfpidfdfpdpfdpfdf.jpg

                                                  

その後、8月25日には

智辯和歌山の髙嶋 仁監督の退任会見を取材。

和歌山はここ数年、

有力校の指導者が次々とお辞めになっていますが、

平成最後の夏の終わりに飛び込んできた

髙嶋監督の勇退の知らせは、

本当に一つの時代が終わったような気がします。

                                                       

個人的にも、中学1年生の時に

体育の授業を受け持っていただき、

社会人になってからも取材等で

数え切れないほどお世話になりました。

                                            

智辯学園・智辯和歌山両校の名誉監督に

就任されたということで、

今後とも宜しくお願い致します。

                           

9月6日、智辯和歌山のグラウンドで

髙嶋名誉監督にお話をうかがいました。

                                    

退任理由については、先日の会見の冒頭でも

「体力的な部分や、病気のために、

やはりノックができなくなったのが大きな要因」

と、述べておられましたが、

改めて、対談の中で私が

「区切りのタイミングをいつ頃にするか

お考えになっていたのですか?」と問うと、

「(前から)100回大会で、と考えていた」と

返答がありました。

                               

そのインタビューは

「6時のわかやま」(9月25日予定)で

放送しますので、ご覧いただければと存じます。

                                         

長文になりましたが、

第100回の節目の大会に関われたことを

とても幸せに感じています。    nacker

write:

カレンダー
アナウンサー
山田 みゆき

明るく優しい気持ちを忘れずに…をモットーにマイペースに過ごしています。

佐藤 瑞穂

クールビューティーと言われたことがあり、かなり嬉しかったのですが、実は極度の恥ずかしがり屋です。これからも頑張ります!

中村 隆之

面倒くさいこと、面倒くさい人は苦手です^_^;

岩﨑 悠真

“向き不向きより前向きに。”新人らしく、伝え手の道を猛進します!

風尾 彩花

何事も“ワクワク♪”と明るく取り組み“壁を扉に変えること”を大切にしています。フレッシュな気持ちを忘れず頑張ります!