番組ロゴ

第四回 10月2日(金)19:30~20:00
    10月3日(土)10:30~11:00【再】

第五回 11月6日(金)19:30~20:00
    11月7日(土)10:30~11:00【再】

第六回 12月4日(金)19:30~20:00
    12月5日(土)10:30~11:00【再】

第七回 12月18日(金)19:30~20:00
    12月19日(土)10:30~11:00【再】

わかやまキラリ_放送日

11月6日の放送は、紀中エリア(広川町・有田川町)の
ええもんを紹介しました。

詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

稲むらの火の館

「稲むらの火」の精神や教訓を学び受け継いでゆくため2007年にオープン。
濱口梧陵記念館は梧陵の生家を展示室として改修した施設で、梧陵の人柄に触れることができます。
津波防災教育センターは津波シミュレーションの装置や3D津波映像シアターが設けられた体験型の施設で、来るべき津波災害から大切な暮らしと命を守る術を学ぶことを目的としています。

営業時間
10:00~17:00
月曜日(祝日の場合はその翌平日)、年末年始休館

入館料
一般 500円、高校生 200円、小中学生 100円

稲むらの火の館
有田郡広川町広671
TEL: 0737-64-1760








廣八幡宮

産土神として古来より広川の人々の崇敬を集めてきた神社です。江戸時代末期、安政南海地震の津波が広村(現在の広川町)を襲ったとき、濱口梧陵が稲むらに火をつけて村人を救ったという「稲むらの火」の伝承のなかで、村人が逃れてきてこの神社に避難しました。
本殿や楼門等が国の重要文化財に指定されています。

廣八幡宮
有田郡広川町上中野206
TEL: 0737-62-2371








うちごはん 仁

ボリューム満点の定食や弁当が600円(税込み)で頂けるお店。お米は由良町の契約農家からつきたてを仕入れ、食材も地元産のものを多く使用。飲料水は広川の温泉水というこだわり。
チキン南蛮や豚の黒胡椒炒め、うどんをそれぞれメインとした定食、そしてしらす丼定食など豊富なメニューがあり、弁当も同じ値段でテイクアウトできます(しらす丼定食を除く)。

営業時間
11:00~14:00、17:00~22:00
水曜日休み

うちごはん 仁
有田郡広川町西広1168-4
TEL:090-9881-0244








有田川鉄道公園・有田川町鉄道交流館

2002年に廃線となった有田鉄道線の歴史を伝えるため2010年に開園。公園入口ではD51蒸気機関車が出迎えてくれます。芝生広場の先には鉄道交流館があり、館内では鉄道運行時の資料や鉄道模型が展示されています。
鉄道交流館と旧金屋口駅の駅舎・ホームの間には約400メートルの線路が保存されており、土日祝日には動態保存されている車輛での乗車体験(小学生以上100円)ができます。

営業時間
10:00~17:00
毎週水曜日・木曜日(祝日の場合は営業)と年末年始は休み

入館料(有田川町鉄道交流館)
大人(高校生以上)200円、小人(小学生以上)100円

有田川町鉄道交流館
有田郡有田川町徳田124-1
TEL:0737-52-8710








マル西製菓 ぺんぎん一番堂

地域から和菓子店が減っていく状況を懸念した店主が、製菓業界に飛び込み一から修行し、2020年4月にオープンしたお店。ショーケースには人気のあぶりみたらし、アレンジを加えたおはぎや大福が並びます。
通常は既製品を仕入れることの多い餡子をこちらでは自家製造しており、糖度を低くし素材を生かした味わいは、洋酒に合うと好評です。

営業時間
11:00~18:00
不定休(概ね月曜日)

マル西製菓 ぺんぎん一番堂
有田郡有田川町天満1-15
TEL:0737-22-3822