タイトル 『劇場版ポケットモンスター ココ』
12月25日(金)ロードショー!
原  案:田尻 智
監  督:矢嶋哲生
脚  本:冨岡淳広、矢嶋哲生
特別出演:上白石萌歌、山寺宏一、中川翔子、中村勘九郎
声の出演:松本梨香(サトシ)、大谷育江(ピカチュウ)
林原めぐみ(ムサシ)、三木眞一郎(コジロウ)
犬山イヌコ(ニャース)、堀内賢雄(ナレーション)
開催日時 2020年12月8日(火)
開場 18:00 上映 18:30
開催会場 ジストシネマ和歌山
応募要項 ペア45組様ご招待(応募多数の場合 抽選のうえ)
ハガキに住所・電話番号・お名前・年齢をご記入のうえ下記宛先へお送りください。

〒640-8533
テレビ和歌山「ポケットモンスター」試写会係まで

WEBから応募の方は下記から応募フォームへ必要事項をご入力の上ご応募ください。

※申込み多数の場合は厳選なる抽選の上、当選者を決定いたします。
試写状の発送により当選の発表に代えさせて頂きます。
※ご記入・ご入力いただいた個人情報は、当試写会の抽選及び試写状の発送以外には使用いたしません。
締め切り 【ハガキ】12月1日(火)消印有効
【WEB】12月1日(火)23:59まで
新型コロナウイルス感染症防止対策 ・サーモグラフィーカメラによる検温の実施
(体温が37.5℃以上の発熱のあるお客様は入場お断りさせていただきます。)
・マスク着用のお願い
・入場前のアルコール消毒のお願い
主催 テレビ和歌山

1998年の「劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲」から始まり、今年で23作目を迎える、ポケモン映画。昔、劇場で第1作を観ていた子供たちが、親世代となり、自分の子供を連れ、“ポケモンの夏”を一緒に体感しています。そんなポケモン映画の最新作「劇場版ポケットモンスター ココ」の、新しい公開日が、12月25日(金)に決定致しました!今回は森を舞台に、ポケモンに育てられた少年・ココと、ココを育てたポケモン・ザルードの親子の愛を描いた今までにないカタチの絆の物語となっております。ポケモンと人間の狭間で揺れ動く10歳の少年・ココ役には上白石萌歌。さらに、2012年に6代目中村勘九郎を襲名した中村勘九郎が、森で見つけた人間の赤ん坊を森の掟を破って育てる幻のポケモン・ザルードを演じます。

本当の親子って何だ?育てるって何だ??
ポケモンと人間の、ちょっと変わった親子の物語。

人里から還く離れたジャングルの奥地。
そこに、よそ者が足を踏み入れることを許さない、厳しい掟で守られたポケモンたちの楽園、オコヤの森があった。
そこで仲間たちと暮らしていた、頑固者のザルードは、ある日、川辺で人間の赤ん坊を見つける。

「ニンゲン、 これが・・・・・・」

赤ん坊を見捨てることができないザルードだったが、森の掟は絶対。
ザルードは赤ん坊をココと名付け、群れを離れてふたりで暮らすことを決意する。
こうして、ポケモンが人間を育てる、というちょっと変わった親子の生活が始まった・・・・・・。

時は流れて10歳になったココは、オコヤの森にやってきた、サトシとピカチュウに出会う。
初めてできた「ニンゲンの友達」。
自分のことをポケモンだと信じて疑わなかったココの胸の中に、少しすつ疑問が芽生え始める。

「父ちゃん、オレはニンゲンなの?」

自分はポケモンなのか?それとも人間なのか?
悩むココだったが、ある日、招かれざる人間の足音が森に近づいてきて、平穏な日々が一変する―。

森を守るため【ココが選んだ道】とは?
今、ポケモンと人間、本当の親子の愛が試される。

TOPへ戻る