ニュース

県立紀伊風土記の丘 学芸員講座
  • 2020-07-12(日) 18:26
国の特別史跡・岩橋千塚古墳群ついて、様々な角度からテーマを絞ってわかりやすく解説する学芸員講座が今日、和歌山市の県立紀伊風土記の丘で開かれました。
この講座は、岩橋千塚古墳群をより詳しく知ってもらおうと、紀伊風土記の丘が平成29年からシリーズで開いているものです。今日の講座では学芸課長の佐々木宏治さんが『岩橋型横穴式石室の排水溝』をテーマに、また、主査学芸員の瀬谷今日子さんが『天王塚古墳墓道の調査』をテーマに講演しました。2人は、これまでの岩瀬千塚の調査から得られた、排水溝を備えた石室や岩橋千塚独特の墓の構造などについて、それぞれ資料や写真を交えながらわかりやすく解説しました。次回の講座は9月13日に開かれる予定で、8月28日の午後1時から電話や資料館で受講申し込みを受け付けるということです。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る