ニュース

紀の国わかやま総文生徒企画委員会
  • 2020-07-12(日) 18:33
来年夏に和歌山県で開催される第45回全国高等学校総合文化祭「紀の国わかやま総文2021」に向けた、高校生による「生徒企画委員会」が今日、和歌山市で開かれ、生徒らが広報や国際交流イベントなどについて検討しました。
全国高等学校総合文化祭は「文化部のインターハイ」と呼ばれ、芸術文化活動に取り組む高校生が日頃の成果を披露する高校生最大の祭典です。来年7月31日から8月6日にかけて、国内外からおよそ2万人の高校生が和歌山に集い、開会の行事をはじめ、22の部門で発表や展示、競技などが行われます。生徒企画委員会は、去年7月に県内の高校生およそ40人で発足し、今日は、新型コロナウイルスの感染防止のため、Webでの開催となる今年の高知大会に映像出演するための動画の撮影が行われました。また、和歌山大会で予定されている全国の高校生によるパレードの担当や国際交流の担当などの部会に分かれ、生徒らがそれぞれの内容について検討しました。
「紀の国わかやま総文2021」、今年10月には、300日前PRイベントとプレ大会が予定されています。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る