ニュース

那智の滝の大注連縄張り替え
  • 2020-07-13(月) 20:17
世界遺産に登録されている那智勝浦町の熊野那智大社で今日、那智の滝にかかる大注連縄の張り替えが行われました。
落差133メートルの那智の滝は、熊野那智大社の別宮、飛瀧神社の御神体で、毎年、夏と冬の2回大注連縄が張り替えられます。例年、大注連縄は滝口に張られますが、今年は大雨によって川の水位が上昇していたこともあり、滝口からおよそ50メートル上流で白装束の神職らが命綱をつけて作業を行いました。大注連縄は天候が回復次第、滝口に移されるということです。
なお、熊野那智大社では、明日、「那智の扇祭り」が行われますが、今年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため規模を縮小し氏子らが大松明を担いで参道を歩くハイライトの御火行事などは行わないということです。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る