ニュース

くしもと町立病院で抗体検査
  • 2020-07-13(月) 20:40
串本町が「くしもと町立病院」の全職員を対象に行った、新型コロナウイルス感染症の感染歴を確認する抗体検査の結果、職員全員の陰性が確認されました。
これは今日、串本町の田嶋勝正町長と竹村司病院事業管理者が町役場で記者会見して明らかにしました。新型コロナウイルス感染症の感染歴を確認する抗体検査は、病院での感染を懸念して受診を控えるなどしている町民に安心して病院を利用してもらうことや、院内感染の予防策や発熱外来の設置など、水際対策が適切に行われているか判断するため、先月中旬から下旬にかけて町が、くしもと町立病院の全職員156人を対象に実施しました。
検査の結果、全員の陰性が確認され、町民のおよそ1%にあたる156人が陰性という数字は、検査対象の年齢や職種、抗体保有期間などを考慮する必要があるものの、町内での感染者はほぼゼロであると推察できるということです。この結果について田嶋町長は「感染リスクの高いスタッフに陽性がいないというのは、町にとって安心につながる結果であり、町としてもコロナ対策に一層力を入れていきたい」と話していました。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る