ニュース

昆虫を採集し里山の環境を学ぶ
  • 2020-09-22(火) 12:52
4連休の最終日となった今日、和歌山市では、子供たちに昆虫の採集と観察を通して里山の環境について考えてもらおうという催しが開かれました。
この催しは、県立自然博物館が年に一度開いていますが、今年は新型コロナウイルスの影響で時期を3ヵ月遅らせて開催、会場となった和歌山市岩橋の県立紀伊風土記の丘には、小学生やその保護者らが集まりました。参加者は学芸員とともに歩きながら昆虫を探し、蛾の幼虫やカマキリなどを見つける度に種類や特徴、生態について学芸員から説明を受けていました。
県立自然博物館では、催しを通じて自然と親しみ、里山の環境について考えてもらえればとしています。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る