ニュース

消防行政協力者を表彰
  • 2020-09-25(金) 17:43
今年7月、和歌山市の商業施設で、買い物中に倒れて呼吸が止まったお年寄りの女性に適切な処置を行い命を救ったとして、和歌山市内の男女3人に今日、和歌山市消防局から感謝状が贈られました。
和歌山市消防局では今日、いずれも和歌山市在住で、主婦の橋本貴美子さん43歳と店舗警備員の矢島正一さん58歳、それに従業員の小林寿己さん61歳の3人に感謝状が贈られました。
橋本さんは今年7月21日、和歌山市のイズミヤ和歌山店で、買い物中に倒れたお年寄りの女性の呼吸が止まったのを確認すると、胸骨圧迫を始め矢島さんが119番通報、小林さんがAEDを搬送し、橋本さんはAEDを使って救命措置を行いました。
通報から7分後に救急隊が到着した時には、女性の呼吸は戻っていて、その後、後遺症を残すことなく社会復帰したということです。
和歌山市消防局の吉野楠哉消防局長は、「それぞれの的確な判断で人命を救えたことは大きな功績です」と話していました。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る