ニュース

一部の酒やたばこが増税
  • 2020-09-30(水) 19:13
明日からの税制改正に伴い、一部の酒やたばこが増税されます。和歌山市内のスーパーでは、増税を前に駆け込み需要が高まり、売り上げが大幅に増えているといいます。
和歌山市田屋のスーパー、松源和歌山インター店では、明日から値上げとなる新ジャンルビール、いわゆる第3のビールの特設売り場が設置されていました。酒税法改正では、令和8年10月までに3段階で税率が変更することになっていて、明日からの改正では、350ミリリットルのビールが一缶当たり7円引き下げられる一方、ビールより価格が安く人気の高い第3のビールは、350ミリリットル当たり9.8円、ワインなどの果実酒も720ミリリットルあたり7.2円、引き上げられます。
また、たばこ税の増税も施行されます。JT、日本たばこ産業をはじめとする大手3社のたばこメーカーは、1箱あたり主要銘柄の20円から50円ほどの値上げを発表していて、松源和歌山インター店では、第3のビールとともに、この1週間の売り上げが大幅に増えているということです。
また、NHKの受信規約も明日から変更され、受信料が値下げされます。現在、地上波契約と衛星契約の月額1260円から2280円の受信料が、地上波契約で月額35円、衛星契約で月額60円の値下げとなり、6ヶ月前払いなら地上波契約で175円、衛星契約で300円、12ヵ月前払いなら地上波契約で340円、衛星契約は口座・クレジット払いで585円、継続振込などの場合は580円の値下げとなります。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る