ニュース

県国際交流協会30周年記念式典
  • 2020-11-21(土) 15:53
公益財団法人県国際交流協会の創立30周年記念式典が今日、和歌山市で開かれ、30年の歩みを振り返るとともに、これからに向けて決意を新たにしました。
今日、和歌山市のホテルで開かれた創立30周年記念式典には、協会関係者らおよそ40人が出席し、来賓の仁坂知事らが祝辞を述べたほか、海外の県人会から寄せられたビデオメッセージが映像で流されました。県国際交流協会は、県内の各分野での国際交流活動や国際相互理解の推進などを目的に平成2年11月に創立され、各種ボランティアの指導や海外移住者への支援などの事業を行っています。
続いて、式典では外国人労働者の相談に応じるなど協会の活動に貢献した個人7人と6つの団体が紹介され、協会の樫畑直尚理事長から感謝状が贈呈されました。樫畑理事長は、「和歌山が日本をリードする国際交流の場として名を馳せられるよう、一生懸命頑張りたい」と決意を述べていました。

最新ニュース一覧

TOPへ戻る