ニュース

コロナ 電話相談窓口
  • 2020-11-22(日) 18:49
新型コロナウイルス対策に関連して県は、今後インフルエンザが流行する可能性も見据えて、発熱などの患者の増加が見込まれるとして、今月から相談や診療などの体制を見直しています。県では、発熱などの症状がある場合、まずはかかりつけの医療機関に電話で相談すること、かかりつけ医がない場合は、各地域の電話相談窓口に連絡するよう呼びかけています。かかりつけ医がない場合の受診相談窓口は地域別にご覧の通りです。まず和歌山市です。和歌山市保健所。和歌山市夜間・休日応急診療センター。海南市と紀美野町は海南保健所。紀の川市と岩出市は、岩出保健所。公立那賀病院。医療法人共栄会名手病院。稲穂会病院。橋本市、かつらぎ町、九度山町、高野町は橋本保健所。有田市、湯浅町、広川町、有田川町は湯浅保健所と医療法人千徳会桜ヶ丘病院。発熱時など、かかりつけ医がない場合の受診相談窓口をお伝えしています。御坊市、美浜町、日高町、由良町、印南町、日高川町は御坊保健所。みなべ町、田辺市、白浜町、上富田町、すさみ町は田辺保健所。新宮市、那智勝浦町、太地町、北山村は新宮保健所。串本町、古座川町は新宮保健所串本支所、古座川町国民健康保険明神診療所となっています。また、地域に限らず、県新型コロナウイルス感染症専用相談窓口でも受診相談を受け付けています。

最新ニュース一覧

TOPへ戻る