ニュース

信金中央金庫が和歌山市に寄付
  • 2021-02-10(水) 18:47
東京都に本店がある金融機関、信金中央金庫が今日、和歌山市が進める持続可能な開発目標、SDGsの取り組みに対し寄付を行いました。
和歌山市役所の市長室で今日、寄付の受入れ式が行われ、信金中央金庫の佐々木英樹大阪支店長がオンラインで出席する中、和歌山市に本店を置くきのくに信用金庫の田谷節朗理事長が尾花正啓市長に寄付金1000万円の目録を手渡しました。今回、信金中央金庫の創立70周年記念事業として和歌山市がSDGs推進の一環で取り組んでいる「持続可能な海づくり事業」への支援が決まったものです。
1000万円の寄付金は、水産事業の増殖を目的とした放流事業や沿岸漁場に堆積した廃棄物などを除去し、漁場の保全を図る取り組みなど、「持続可能な海づくり事業」の費用の一部に充てられるということです。

最新ニュース一覧

ニュース検索

今日の番組 週間番組表

ピックアップ

TOPへ戻る