WTVニュースNews

橋本市で特殊詐欺の被害

2021-04-08(木) 18:45

橋本市の女性が、市の職員を名乗る男からの「還付金がある」という電話をきっかけに、現金約150万円を騙し取られていたことが、今日判りました。橋本警察署は、特殊詐欺とみて捜査を進めています。
警察の調べによりますと、昨日午後0時30分頃、橋本市の60歳代の女性宅に、橋本市役所介護保険課の職員を名乗る男から「介護保険の払い戻しがある」などと電話があり、女性は男に携帯電話の番号を伝えました。その後、コールセンターを名乗る男から電話があり、女性は言われるがままに男の指定する銀行口座へ2回にわたり、ATMから現金計約150万円を振り込んだということです。今日女性が、銀行で働く知人に昨日の出来事を話し、特殊詐欺ではないかと言われたことから警察に相談して判りました。県警では、還付金やキャッシュカードに関わる話があれば、特殊詐欺被害防止専用フリーダイヤル0120-508-878に電話して、一度確認してほしいと呼びかけています。