WTVニュースNews

和歌山工高 同窓会館改築記念式典

2021-04-08(木) 19:05

老朽化で使用中止となっていた、和歌山市の県立和歌山工業高校同窓会館の改修工事が完了し、今日、記念式典が行われました。
記念式典は、和歌山市西浜の県立和歌山工業高校敷地内にある同窓会館前で行われ、和歌山工業高校同窓会の山田正彦会長が、「在校生の拠点、同窓生の交流の場として大いに活用してもらえれば」と祝辞を述べ、関係者がテープカットをして完成を祝いました。同窓会館は昭和49年に建築された建物で、老朽化のため平成25年頃から使用中止となっていました。改修工事では、老朽部分の修復や外壁の塗り替えが行われたほか、内装が新しくなっていて、1階の資料室には、学校の歴史を伝える写真や卒業アルバムなどが展示され、2階には、大人数が宿泊できる和室などが設けられています。また、玄関ホールには、昭和29年度の卒業生が寄贈した掛け時計が、修復の上、設置されました。和歌山工業高校の同窓会館はこれまでと同じように、運動クラブの生徒の合宿や、会議などに活用されるということです。