WTVニュースNews

去年の観光客数コロナで70%に

2021-04-16(金) 14:34

去年一年間に県内を訪れた観光客は、2478万人あまりで前の年の70パーセントに留まり、平成元年以降最低となったことが県の調査でわかりました。
県の観光客動態調査によりますと、去年一年間に県内を訪れた観光客は、およそ2478万4000人で、前の年の69.9パーセントに留まり、平成元年以降最低となりました。日帰り客はおよそ2154万人(前年比72%)、宿泊客はおよそ324万4000人で、(前年比59%)宿泊客は昭和37年以降最も少なくなりました。
主な観光地では、田辺市龍神村が前の年の54.8パーセントに留まって最も減少し、減少幅が最も少ない高野町でも81.4パーセントに留まりました。
県では、去年春に緊急事態宣言が全国に出され、往来が自粛されたほか、イベントが軒並み中止となるなど、新型コロナウイルスの影響で観光客が大幅に減少したとしています。
外国人の宿泊客も大きく落ち込み、前の年の91パーセント減の4万5000人あまりに留まりました。
1月末に中国からの団体客がストップしたほか、それ以降の水際対策もあって各国からの観光客が激減、4万5000人のおよそ半数は1月にカウントされていて、新型コロナの影響が如実に表れています。