WTVニュースNews

和歌山市が明日 接種券を発送

2021-06-07(月) 19:52

和歌山市が先月末から申請を受け付けている基礎疾患のある人を対象とした新型コロナウイルスのワクチン接種について、市は今日、およそ5000人分の接種券を明日、発送すると発表しました。
これは今日の定例記者会見で和歌山市の尾花正啓市長が明らかにしました。和歌山市は、16歳から64歳までの基礎疾患のある希望者を対象に、新型コロナウイルスワクチンの優先接種を始めることにしていて、先月28日から申請を受け付けています。これまでにおよそ8000人からの申請を受理していて、市はこのうち、およそ5000人の接種券を明日、発送します。予約は、接種券が届き次第、市内283の医療機関で受け付け、順次、接種が始まります。
また、市では、新型コロナウイルスで死亡した23人全員が高齢者で基礎疾患のある人だったことから、尾花市長は、高齢者向け集団接種の予約に空きがあることなどを説明し、「まだ予約をしていない人には、呼び掛けてく」と話しました。
一方、新型コロナウイルスのクラスターとなり、先月31日から中止していた和歌山城ホールの建設工事について、感染症対策を徹底した上で、今日から工事を再開すると発表しました。

公式SNSアカウント