WTVニュースNews

芋掘り体験

2021-09-19(日) 18:41

和歌山市で今日、障害者グループホームの入所者が、秋の味覚「サツマイモ」の芋掘りを体験しました。
芋掘り体験は、和歌山市布施屋のデイサービス施設「はっぴー&はーと3」が、障害者に収穫の喜びを知ってもらおうと、毎年この時期に行っていて、施設に隣接する約100坪の畑に今年6月、サツマイモの蔓を植え育ててきました。いよいよ収穫期となり、今日は招待された市内の障害者グループホーム「たつの子ホーム」の入所者とボランティアあわせて14人が、早速、手袋をつけて芋掘りに挑戦しました。爽やかな秋空の下、土の中から立派に実った赤紫色のさつま芋が現れると、周りから歓声が上がり、参加者が次々とおいしい大地の恵みを掘り出していました。参加者はこのあと、収穫した芋を天ぷらなどにして昼ご飯として食べたほか、金魚すくいも楽しんでいました。芋掘り体験を企画した「はっぴー&はーと3」の中出光男さんは、「障害のある人も、ない人もみんなで助け合って生きていけるような世の中になってほしい」と話していました。

公式SNSアカウント