WTVニュースNews

交通安全運動前に啓発活動

2021-09-20(月) 14:29

秋の全国交通安全運動が明日から始まるのを前に、かつらぎ町で今日、観光客に交通安全を呼び掛ける啓発活動が行われました。
かつらぎ町滝の道の駅「くしがきの里」では今日、かつらぎ警察署交通課や地域課の警察官のほか関係団体のメンバーが交通安全を呼び掛けるプラカードを持って車やバイクの運転手に注意を促しました。大阪府との府県境の近くにある道の駅「くしがきの里」は、観光地へのアクセス道路、国道480号沿いに位置し、休日には県内外から多くの観光客が訪れることから、国道や道の駅敷地内では事故が発生しやすくなっています。今日の啓発活動は、秋の全国交通安全運動が始まる前の休日に合わせて行われたもので、交通安全を呼び掛ける啓発物資なども配られました。
かつらぎ警察署によりますと、今年に入ってから先月末までの管内の人身事故件数は24件で、去年の同じ時期より3件増えているということで、交通課の木下真芳課長は「出かける際は法定速度を守るなど安全運転を心がけてほしい」と話していました。

公式SNSアカウント