WTVニュースNews

勝和会水墨画展

2021-10-13(水) 16:23

和歌山市の水墨画愛好家グループ「勝和会」の秋の定期作品展が、今日から和歌山市のギャラリーで始まりました。
「勝和会」は、元日展会員の画家で、5年前に亡くなった川人勝延さんの教え子らが、川人さんの遺志を受け継ぎ活動している和歌山市の水墨画愛好家グループです。現在会員は5人で、今回の作品展には風景や動物などを描いた水墨画や墨彩画、25点が出展されています。勝和会では、互いの作品の評価をする月1回の勉強会を開くなど、日々、研鑽を重ねていますが、コロナ禍で秋の作品展は2年ぶりとなりました。メンバーの臼井依子さんや北野隆義さんによりますと、川人さんは常々「物語を、絵の中に作りなさい」と指導していたそうで、「自己表現を工夫している点を見てほしい」と話していました。勝和会水墨画展は和歌山市広道の第3田中ビル1階ギャラリーTBで今月18日まで開かれています。

公式SNSアカウント