WTVニュースNews

貴志川線にネコ型の時計登場

2021-10-14(木) 16:42

鉄道記念日の今日、和歌山電鐵貴志川線和歌山駅のホームの時計が猫の形にリニューアルされ、お披露目されました。
貴志川線和歌山駅で行われた除幕式では和歌山電鐵の小嶋光信社長や貴志駅の猫の駅長のニタマ、それに、貴志川線の未来をつくる会のメンバーが出席しました。
時計は、運行開始15周年を祝って今年7月に貴志川線の未来をつくる会から贈られたもので、直径70センチの吊り下げ型で、三毛猫のように黒色と赤色の左右の耳と白色の髭がつけられています。
また、「たま電車ミュージアム号」の改修費用をクラウドファンディングで募り、およそ1900万円に達したため改修の目途がついたことを小嶋社長が報告しました。
「たま電車ミュージアム号」は2台目のたま電車で、今年12月3日にデビューし4日から運行されることになりました。

公式SNSアカウント