WTVニュースNews

防災学ぶ催し

2022-01-15(土) 13:53

今月17日で阪神・淡路大震災から27年となるのを前に、防災意識を高めてもらおうと、和歌山市の大型ショッピングモールで今日、市民らが防災について学ぶ催しが行われました。このイベントは、地域の人々の防災意識を高め、災害に備えてもらおうと、イオンモール和歌山が実施しているもので、去年は新型コロナの影響で中止、今回、和歌山市北消防署などの協力のもと開催されました。感染予防対策を徹底して行われた催しでは、子供たちが水の入った消火器で消火体験をしたほか、VR防災体験車のブースでは専用のゴーグルをつけた参加者がリアルな映像などで地震や津波などを疑似体感しました。このほか、火災予防について啓発するため和歌山市消防局からファイヤアンバサダーに委嘱されている和歌山地域密着型アイドルFun×Famのライブなども行われ、訪れた親子連れなどが楽しみながら防災や防火について学んでいるようでした。

公式SNSアカウント